Introduction of Sanwa Kinzoku



HOME > INTRODUCTION

一貫したトータルサービスを、提供し続けています。
PROVIDE THROUGH TOTAL SERVICE

MSC_8212.jpg
昭和45年。当社は個人事業の「三和金属」として、
ステンレス鋼管の研磨加工を主な業務として創業いたしました。
その後、ステンレス鋼管の溶接、ステンレス鋼管継手の溶接等を手掛けるようになり、
まさにステンレス鋼と共に成長の道を歩んできたといえます。
この間にステンレス鋼ニーズは飛躍的に拡大し、
中でも溶接管のニーズは目を見張るほどの拡大を続けました。

そんな歴史の中で、当社は昭和52年に会社組織へと改組。
国内では希少なステンレス鋼の溶接式継手の製造・販売を目的として、
積極的に新しい技術開発に取り組みながら、ニーズの開拓に励んできました。
努力を重ね続けた結果、エルボ形成装置、
両端面同時面取り機の技術開発に成功し、特許を取得。
生産性の大幅な拡大を図ると共に、一般エルボを始め、化粧用のエルボ、
サニタリー用エルボの需要も掘り起こしてきました。
信頼できる材料管メーカーの素管を採用し、
確かな生産管理体制を通じて確実にお客様へお届けする。
そして短納期にお応えすると共に、供給責任を堅持する。
そのようなコンセプトから生まれる当社製品は、
多くのお客様から支持を受けております。
私たちは、今後も未来に向けて技術開発に努め、
「ステンレス鋼管継手の三和金属」として
皆様のご期待にお応えしていきたいと考えております。
今後も、ご指導、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

代表取締役
塚田 宗藏